碓氷峠 廃線ウォーク 国道18号(旧道)&旧線編
碓氷峠に向かう旧道は左の道。右の道は旧道の下をくぐり左方向に抜けていく

前回の投稿に続いて、「国道18号(旧道)&旧線編」をお送りする。

JBpressで掲載された記事はこちら。
「鉄」でなくても魅了される!碓氷峠の廃線ウォーク ←前編
126年の想いが刻まれた7つのトンネルとレンガ    ←後編

廃線ウォークに参加したのは9月30日だが、それより前に、
事前調査を兼ねて車で碓氷峠一帯を訪れている。
JBpressで掲載された記事とあわせてご覧いただければ、
本編をより楽しんでいただけるかもしれない。

国道18号(旧道)は、碓氷峠をこえる鉄道敷設と密接な関係がある。
カーブだらけの旧道のゆく先々に、信越本線の旧線の遺構が見え隠れするのである。


こちらは旧中山道の入り口。
JBpressで掲載した写真よりも、正面から近付いて撮っているので、
より険しい山道の雰囲気がおわかりいただけるだろうか。
この道を長距離歩くなどとは・・どれだけ大変なことだったろう。

9番カーブ。晴れていればまだよいが、雨が降った日には・・・

9番カーブの1つ先、10番カーブ付近を歩いていると、
ガードレールの上に猿がいた。
至近距離だったので驚いたが、猿のほうは逃げるでも威嚇するでもなく、
まるで私などいないかのごとく、自然体だった。
なんだか慌ててしまって写真が撮れなかったのだが、ふと逆側の方向をみると、
数匹の猿たちが、のんびりと毛づくろいしていた。
(しかも、別のカーブではかもしかが上から転げ落ちてきた。すごいぞ旧道!)

まだ子供の猿だったかもしれない。


JBpressの記事でもふれたが、めがね橋は、旧道から見上げたほうが
だんぜん迫力がある。
カーブを越えて視界に飛び込んだときは、本当に感嘆の声がでてしまう。

旧道に面していない側から撮影。日陰になるので煉瓦にも苔が生えている
 
橋脚の煉瓦には心無い落書きがある。とても悲しい


めがね橋の奥には階段があり、橋の上まで登れるようになっている。
すっかり息があがってしまったが、なんとか登りきった。

登りきった場所に標識あり
 
横川方向をみる。右下に見えるのが旧道
 


登りきったところには、橋に続く旧線の6号トンネルがある。
すぐ近くにはボランティアの年配男性がいて、いろいろと詳しい話を伺えた。

JBpressの記事でもふれた、イギリス人技師のプライドをみせた山形目地
 
6号トンネルの内部。外は少し汗ばむくらいでも、中はヒンヤリとしている
 
6号トンネルの中からめがね橋をみる。その先にあるのは5号トンネル


再び階段をおりて、旧道に戻る。さらに碓氷峠を目指して車を進めていく。
 

69番カーブにある、第六橋梁。個人的にはこの橋梁が一番美しいと思う
 
128番カーブ付近にあったと思われる第十三橋梁

上の写真にある第十三橋梁だが、写真には写っていないが全部で5つのアーチがある。
調べたところによると、このアーチの下を以前は国道がくぐっていたとのこと。
アーチの上は旧線が通った場所で、その奥は新線の線路が並行して走っている。
過去が幾重にも重なってみることのできる、お宝感満載の場所だ。
ちなみに、下の写真は、廃線ウォークに参加した時に撮影したものだ。
5連アーチの上で撮影したショットである。

新線下り線の9号と10号トンネルの間から、この場所に歩いてこられる

こうした廃線や廃道などを撮影する場合、草木が枯れている季節のほうが
構造物がはっきりみえて好都合だ。
しかし、緑豊かな季節は、静の遺構と生命力あふれる植物とのコラボで
独特の美しさを生んでいる気がする。

最後に4枚、アプトの道の最初のトンネルと懐かしき機関車の写真をのせて
廃線ウォークの旅を終わりたい。

旧線 1号トンネルの中。照明と煉瓦が互いに共鳴しているようだ
 
1号トンネル出口。このまま進んでいけば熊ノ平
 
鉄道文化むらの列車たち
 
峠のシェルパとも呼ばれたEF63型電気機関車、通称ロクサンだ。上り勾配では列車を押し上げ、下り勾配ではブレーキをかけた

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事