BOSS 宇宙人ジョーンズ・漁港篇 東京駅から三陸まで一瞬映るロケ地を執拗に追った!

 

長年にわたり放送されているサントリーの缶コーヒーBOSSのCM。宇宙人ジョーンズがあらゆる職業に扮して地球の調査を続けるシリーズだ。

このシリーズの中で、特に駅・鉄道路線・橋といったインフラ系土木に目が留まる。シリーズの世界観の一つである胸の奥に響く郷愁と、インフラ系土木の使命のようなものが見事に融合しているとでもいえばいいだろうか。

今回取り上げるのは、2020年2月に公開された「漁港」篇だ。東京オリンピック2020に右往左往する東京の喧騒から離れ、ジョーンズ(トミー・リー・ジョーンズさん)は東北新幹線で宮城県に向かうところから物語は始まる。調査の場所は石巻漁港(宮城県石巻市)だ。

60秒のショートストーリー。そこには、どんなインフラ系土木が待っているだろうか。シーン別に紹介していこう。

★この記事の最後にも、本稿で使用した動画へのリンクがあります。 

永代通りのオフィスビル群 0:51頃から

東京駅を出発した東北新幹線。進行方向、向かって左のE席に座るジョーンズの目に、きらびやかなオフィスビル群が飛び込んでくる。

永代通りの両側に高層ビルが立ち並び、正面を行けば皇居の大手門。まさに日本の中心地からの旅立ちだ。

東京駅から北に延びる線路は、西側に在来線、東側に新幹線が並走している。CMの映像は新幹線から見た西側の眺めなので、ビルの手前に在来線の高架橋が見えている。下のストリートビューは新幹線東側の永代通りからの眺めだ。

 

↓クリックすると開始51秒後から10秒間、該当シーンが流れます

 

 

スポンサーリンク

石巻漁港 1:03頃から

東日本大震災で甚大な被害を受けた石巻漁港だが、現在は長さが約876mの石巻魚市場を有する漁港として復興している。(2021年に世界一長い魚市場としてギネス認定された)

下のストリートビューは2022年5月に撮影された、魚市場の西端、南北に延びる道路からの眺めだ。CMに登場する夜間の魚市場と同じ角度で見ることができる。ストリートビューの撮影日は、2014年と2011年のものがあるが、見比べてみるとこの地の復興の様子がよくわかる。

↓クリックすると開始1分3秒後から17秒間、該当シーンが流れます

 

 

三陸鉄道 1:20頃から

朝日が射す港の岸壁で、ジョーンズと魚市場の男性(光石研さん)がBOSSを飲みながら語り合い、東北の地に足をつけて働いている人々の姿が映し出されていく。

スパリゾートハワイアンズ(福島県いわき市)のフラガールの踊りに続き、三陸鉄道の三陸駅が映る。

↓クリックすると開始1分20秒後から13秒間、該当シーンが流れます

 

震災後不通になっていた三陸鉄道だが、三陸駅を含む盛(さかり)から吉浜までの区間は2013年4月5日に営業再開した。下のストリートビューは同年6月に撮影されたもので、ホームから撮影されたCMのシーンよりも、高い場所にある道路から撮影されたものだ。よく見るとホームの上部に営業再開を祝う垂れ幕が下がっている。

 

 

がんばる東北 1:32頃から

さらに東北各地の風景が次々と映し出されていく。

 

↓クリックすると開始1分32秒後からCM最後まで、該当シーンが流れます

 

松島湾(宮城県松島町)の観光船で働く人々。

 

 

石ノ森章太郎(現:登米市出身)ゆかりの石巻駅近くには、サイボーグシリーズのキャラクターのモニュメントが点在している。映像に映るのは、サイボーグ009とその横を駆け抜けていく子供たちだ。

 

 

最後に釜石鵜住居(かまいしうのすまい)復興スタジアム(岩手県釜石市)で、子供たちの歓声とともにCMは終わる。

 

 

 

東京も地方も、みな頑張っている。県境も、もしかしたら国境もない、俺たち地球人。そんなメッセージが込められたCMなのかもしれない。

 

今回使用したJIJIPRESS/時事通信芸能動画ニュースさんのインタビュー映像を含む「宇宙人ジョーンズ新CM、舞台は東北の漁港」は、以下のリンクで最初から視聴できます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事