旧福浦灯台に行こうとして3つのワナに惑わされた

 

 

 

ナギヒコさんから寄稿していただいた記事です

 

到達:2022年10月
難易度:■■□□(初級)

 地味な灯台に行くときは、やはり事前準備が大事。それを旧福浦灯台に行って実感した。

 今回、灯台に到達するまでにちょっと迷ってしまったのだが、要因は主に3つある。

・福浦港の形がややこしい
・旧福浦灯台と福浦灯台が別の場所にある
・旧福浦灯台と駐車場が少し離れている

  

「ここだろう」と思ったところに灯台はなかった

 江戸時代から明治時代にかけて、北前船が寄港した能登半島の町、と言えば輪島が思い浮かぶと思うが、実は福浦(ふくら、石川県志賀町)もかなり発展した港だったようだ。そのとき、船を安全に港に入れるように誘導したのが旧福浦灯台だ。

 今回、旧福浦(きゅうふくら)灯台に行ったのは、近く(巌門という景勝地)にいて、しかも時間が少しあったので、「ちょっと寄ってみよう」とその場で思い立ったからだ。

 だが「ここだろう」と見当をつけてたどり着いたところに旧福浦灯台はなかった。小高い場所に祠があり、そこに登って見渡すと、眼下の海岸とその反対側に灯台の小型版のようなものが2つ立っていた。

 

祠と福浦港導灯(前灯)(Googleマップ ストリートビュー)

 

 

福浦港導灯(後灯)

 

 あとで調べたところ、この2つは「福浦港導灯(前灯)」「(後灯)」というものだった(1950年点灯)。導灯とは、低い前灯と高い後灯の2つが縦に並んで見えるように船を進めれば、安全に港に入れる、というものだ。知らなかった。

 ここは、次の地図上部の「福浦港導灯(前灯)」のマークがある場所だったのだ。

 

 

 

 地図をざっと見て「港の南側に行けばいい」と考えたのだが、福浦の入江は2つあって、北側の入江を“福浦港”だと勘違いしていたのが原因だった。

 ところが、Googleマップで現在地と「福浦灯台」をその場で調べるとさらにわけがわからなくなった。福浦灯台がすごく離れた場所に表示されているのはなぜ?

  

スポンサーリンク

旧福浦灯台とは別に福浦灯台がある

 やっと判明したのは、旧福浦灯台は福浦港を挟んで福浦港導灯の反対側にあり、福浦灯台はもっとずっと南(地図の左下)にある、ということだった。旧福浦灯台とは別に(新)福浦灯台が違う場所にある、ということを知らなかったのが敗因。

 だが、どの道を行くと旧福浦灯台にたどり着くかがまだはっきりしない。ネット記事などを調べて「少し離れたところに旧福浦灯台駐車場がある」ことがようやくわかった。カーナビの目的地は「旧福浦灯台駐車場」に設定するのが一番よさそうだな。

 旧福浦灯台を含む福浦港のあたりは日本遺産「北前船寄港地・船主集落」に含まれていて、ところどころに案内板もある。ただ、道路の目立つところにいくつもある、というわけではないから、それだけを頼りにするわけにはいかないだろう。

 要は「事前によく調べてから行け」ってことだ。

 

 

 

 駐車場から灯台までは500mぐらい、歩いて10分ほどだ。案内板を確認し、住宅街を抜けて海岸の方に向かう。

 海岸近くのつきあたりを右へ行くと旧福浦灯台、左へ行くと「腰巻地蔵」と「極楽坂」がある。実は腰巻地蔵のすぐ隣に(新)福浦灯台があるのだが、福浦灯台はどうも“観光するもの”とは捉えられていないようで、どこにも案内がない。もしあなたが福浦灯台に行く場合は「腰巻地蔵」の案内に従えばいい。

 

 

 

 あと120m。このへんまで来るとやけに案内が親切だ。

 

 

 

 見えた。

 

 

 

 もう少し。

 

 

 

 到着。見晴らしがいい。写真右手奥が福浦港、左に見えるのはおそらく防波堤。サインのローマ字が「FUKURA」ではなく「FUKUURA」になっているな。

 

 

  

 なかなかりっぱなたたずまいだ。ただ、この形状は個人的にはあまりときめかない(なので当初来るつもりがなかった)。

  

 

 

 福浦港の付近は露出している岩が多く、灯台の必要性が高かったことをうかがわせる。

 

 

 

「日本最古の(西洋式)木造灯台」は本当か

 旧福浦灯台のウリは「日本最古の(西洋式)木造灯台」。本当だろうか。

「日本最古」「日本で最初」をうたう灯台はいろいろあるので、どういう種類の中でなのか、「現存する」とか「当初の場所に現存する」なのか、修飾語をよく確認しないといけない。さらに、案内板、パンフレット、ネット記事などはだいたいどこかからの引き写しで、根拠がはっきりしないことが多い。根拠となる資料がなにかも重要だ。

 というわけで、いくつかある福浦灯台の資料から、矛盾のないものを抜き出すと以下のようになる。

 

1608年(慶長13年)福浦在住の船持ち日野長兵衛が、港の入口の岩頭でかがり火を焚く
1690年前後(元禄年間)同じ場所に灯明堂を建設。日野家は代々灯明役を担う
1876年(明治9年)日野吉三郎が灯明堂の形態を残した木造の灯明台を建設
1905年(明治38年)日野家から管理を受け継いだ福浦村が灯台を再建
1952年(昭和27年)別の場所に福浦灯台を建設し、旧福浦灯台の使用を終了
1984年(昭和59年)福浦灯台を建て替え

 

 

「日本最古の(西洋式)木造灯台」というのは、1876年の灯明台建設を指しているようだ。灯明堂や灯明台がどのようなものかがわからないが、現存するものとほぼ同じ形のものになったのが1876年、という解釈らしい。

 海上保安本部のWebページには、(新しい)福浦灯台の点灯開始を「1905年3月18日」としているものがあるが、これは1952年(昭和27年)にした方がいいのではないかと思う。

 ちなみに「日本最古の西洋式灯台」は、1869年(明治2年)に点灯した、レンガ造りの観音埼灯台(神奈川県横須賀市)だ。旧福浦灯台より早い。

 旧福浦灯台が「最古」と主張する根拠(文献など)は示されていないが、ほかに主張しているところはなさそうだ……と思ったら、あった。

 同じように「日本最古の(西洋式)木造灯台」をうたっているのが、旧堺燈台(大阪府堺市)。こちらの建設は1877年(明治10年)なので、旧福浦灯台の1年あとだ。

 堺市のWebページでは、「現地に現存する洋式木造燈台としては、わが国で最も古いものの一つとして」と書いてある。Wikipediaの記述は「現存する最古の木製洋式灯台のひとつとして、国の史跡に指定されている」。

 どちらも「のひとつ」とあるので、矛盾はない。ところがこの「のひとつ」を読み飛ばす人も多いようで、「明治10年建築のわが国最古の木造洋式燈台」「当初の場所に現存する日本最古の木造洋式燈台です」のような記述をしている(公式サイトの)Webページがいくつかある。

 参考になるのが、個人ブログ「旅のホームページ」にある「灯台用語集」のページだ。これによると古い木造灯台として次のものが挙げられている。

 

今津灯台(兵庫県西宮市)1810年(文化7年)
旧安乗埼灯台(旧三重県阿児町)1873年(明治6年)
旧福浦灯台(旧石川県富来町)1876年(明治9年)
旧堺灯台(大阪府堺市)1877年(明治10年)

 

 今津灯台は、現在も現役の航路標識として使われている民営の灯台で、「灯明台(和式灯台)」と呼ばれたりしている。今回、和式と洋式(西洋式)がどう違うかは踏み込まないでおく。2023年以降、港湾工事のため移築される予定のようだ。

 旧安乗埼(あのりさき)灯台は、1948年(昭和23年)に鉄筋コンクリート造りに建て替えられ、その後船の科学館(東京都品川区)に移築復元されている。

 とすると旧福浦灯台は「当初の場所に現存する、日本最古の西洋式木造灯台」である可能性が高い、と言えるだろう。理由はわからないが、別の場所に(新)福浦灯台が建てられたことで、地図上の紛らわしさを生んだ一方、「当初の場所に現存する日本最古」という称号を得ることができたのだ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事